<Look in Work in Process > Project

<Look in Work in Process > Projectを発足いたしました。



簡単にいうと「制作中を覗き見る」ことをテーマに、制作過程をInstagramにノートする活動です。

アーティストが日々何を見て、何を聞いて、何を感じ、どう表現するのか。


ちょっと覗いてみませんか?


https://www.lwipproject2021.com/

(来年4月までの期間限定)






Concept

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2021年、私たちはCOVID-19と隣り合って生きている。 ​ 夜の出立ち、朝のふるまい。 急かされるように馴染んだ、いくつもの新しい日常。 ​ アーティストにとっても、新たな日常は“制限“とも取れる形で目の前に顕れた。 まるで、初めて訪れた国のホテルの一室にぽつんと佇んでいるようだ。 どこに行こうか。何をしようか。 読めない看板と新しい自由は、どうも同じ世界の中にあるらしい。 ​ ドローイングには、表現者の思想や視点、迷い、発見、道筋が詰まっている。 何を見て、何を聞き、どう感じ、その眼差しはどのような表現をめざすのか。 ​ 私のノートは恥ずかしくて人に見せられないと思うと、他人のノートを覗いてみたい。 ​ このプロジェクトは、発案者が「頭の中を覗いてみたい」と感じたアーティストを集め、それぞれの制作に至る過程となる「ノート」を記録する取り組みです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


In 2021, we are living next door to COVID-19. Starting out at night, behaving in the morning. A number of new daily routines that we have become accustomed to as if rushed. For the artist, too, the new daily life appeared in front of him in a way that could be called "restriction. It was as if I was standing alone in a hotel room in a country I had never visited before. Where should I go? What should I do? The unreadable sign and the new freedom seem to be in the same world. Drawings are filled with the thoughts, viewpoints, hesitations, discoveries, and paths of the artist. What do they see, what do they hear, how do they feel, and what kind of expression do they aim for? When I think that I am too embarrassed to show my notes to other but I want to take a peek at other people's notebooks.



※このプロジェクトは、小笠原敏晶財団からの助成を受けて実施しています。 This project is funded by the Toshiaki Ogasawara Foundation.

本プロジェクトの助成財団:公益財団法人 小笠原敏晶記念財団 Granting foundation for this project: Toshiaki Ogasawara Memorial Foundation URL:https://ogasawarazaidan.or.jp/